青汁飲みやすい人気ランキング|毎朝の習慣で健康・美肌ばっちりに!!

青汁効果で熟睡ができるようになった

私の現在の仕事は、会社の抱える不動産の買い手を探すことです。電話で営業することもあるのですが、興味を持ってくれる人はほんの僅かなので1日何千本と電話をかけているのに話を聞いてくれる人が一人もいない日もあるのです。

 

業績が上がらないと給与に響くので、必死に買い手を探すのですが、月末までに設定されているノルマをクリアできる月は何回かしか無かったのです。そのように仕事で汗を流した後に、自宅に帰ってきてリラックスできる時間が訪れるのですが、結構疲れているはずなのに寝付けないのです。

 

以前に薬局で売っている眠り薬を買って飲んでみたことがあるのですが、変な気分になるだけで私には効果が無かったのです。そのような話を友人にしたところ、青汁が良いという話を聞いたのです。

 

青汁には体に必要となる野草類が大量に含まれているので、体をリラックスして就寝に導く体の体制が整っていくとのこと。正常に体が代謝することで、眠りにつける状態になるようです。

 

青汁の効果が良い事は分かったのですが、問題となるのは私の野菜嫌いな食習慣です。加熱した野菜ならいくつか食べる事ができますが、青汁は生の野菜を粉末にした状態なので野菜の臭さが直接鼻にきます。これを克服することが課題です。

青汁を飲んではいけない人

 

青汁は基本的に健康維持の為に飲みます。栄養価の高い野菜を原料をしていますから、栄養分が不足しがちな人にはうってつけの飲み物と言えます。

 

しかし、青汁がすべての人にとって健康に役に立つということはなく、青汁を飲むことによって健康にマイナスになる場合があるのでそこは注意が必要となります。

 

血管や心臓の疾患のある人で血が固まりやすいという症状の改善の為にワーファリンという薬を服用している人がいますが、このワーファリンを服用している人には青汁を飲むことはよくありません。これは青汁に含まれているビタミンがワーファリンの薬効を弱めてしまう可能性があるのです。ワーファリンを服用している人で青汁を飲もうとする場合には医師や薬剤師を事前にしっかりと相談する必要があります。

 

また、人工透析をしている人も青汁を飲むことを控えた方が良いと言われています。これは青汁を飲むことによって青汁の中のカリウムを取ることによって、カリウムの血中濃度が高くなりすぎてしまい、高カリウム症となってしまい可能性があるからです。

 

人工透析を受けるような人は腎臓の機能が悪くなっていますから、もともとカリウムの濃度の調節ができにくくなっているからです。

手作り青汁で節約しながら美人になりました

 

私が子供の頃の母親特製の青汁を飲んだ事があります、味はこの世の物とは思えない位苦くて不味くすぐに吐き出してしまってから青汁に対するイメージは悪くなりました。

 

大人になるとTVやインターネットで美味しい青汁をキャッチフレーズにしているのを見て本当に美味しいの?と思った事がありました。
何故そのように思ったかと言うと当時の私は肌荒れが酷く加えて便秘持ちでした、家族・友人達から青汁を進められ子供の時はトラウマになった青汁に再び目を向けた訳です。

 

口コミが高く人気のメーカーの青汁を注文し数日後に届いたので飲んでみました、最初は恐る恐る飲みましたがあまりの美味しさにビックリしました。
毎日飲み続けていると便秘解消されたり肌のツヤも良くなってきたと言われて凄く嬉しかったのですが市販の青汁って1ヶ月分のお値段がちょっと高く専業主婦の私には継続出来ませんでした。

 

そこで節約する為に青汁を手作りで作る事にしました、インターネットで作り方を調べ作ってみました。

 

すると市販の青汁までとはいきませんが美味しい青汁が出来ました、私的には小松菜・ほうれん草・リンゴ(芯を取る)をジューサーん入れたシンプルな青汁が一番好きです。

 

子供にはバナナを入れたり牛乳と混ぜて飲ませています、子供も赤ちゃんの頃から便秘気味でしたが青汁を飲み始めた3歳頃から毎日排便するようになりました。

健康を青汁て掴む

 

色々なサプリメントを試しても、それほどの効果を得られなかったという人には、青汁を飲むと良いと思います。青汁は他のサプリメントと違って、体に刺激がほとんど無いというところが良いです。

 

他のサプリメントは刺激が強くて、体に負担をかけやすいです。その点青汁は、大麦若葉等の天然の素材をそのまま活かしたサプリメントなので、体にとても優しいのです。

 

大麦若葉が100%でできている青汁は、とても飲みやすいのも魅力です。青汁は青臭くありません。サラッとした飲みやすさで、子供でもお年寄りにも飲みやすくなっています。

 

余計な成分が入っていないので、安心して飲めると思います。この青汁は、健康にも良い事が分かっています。食物繊維が豊富な青汁は、野菜不足の人にお勧めです。

 

レタスやキャベツの数倍もの食物繊維が含まれているので、野菜をあまり食べれない人にも気軽に食物繊維を摂る事ができるんです。

 

何かと食物繊維が不足していると騒がれていますが、この青汁1つでその1日分に近い食物繊維の不足分を補えてしまうのですから本当に便利なサプリだと思います。

 

サプリタイプの青汁なら、2粒か3粒を1日に飲めばいいので、無理なく続けられるのも魅力的な部分です。

 

青汁で手軽に健康を掴めます。

青汁とグリーンスムージーの違い

 

青汁と似た言葉にグリーンスムージがありますが、これらの違いと言えばグリーンスムージーはフルーツを使うけど青汁は使わないというくらいです。
現在は、青汁でも果物を使うことがありますし、実際のところ果物を使ったほうが飲みやすいのでどちらでも自分の飲みやすいほうを選べば良いと思います。

 

青汁でもグリーンスムージーでも材料として定番なのが葉物系ですが、葉物だけ入れるジュースはとても独特な味がします。
まさに、青汁が発売されたばかりのころの味であり万人受けしない味なので飲み難いとは思いますが、栄養価は高いので甘さとか味は関係なく無駄なカロリーを摂りたくないという人は野菜だけの青汁が良いでしょう。

 

グリーンスムージーは果物が入っているので飲みやすいですし、現在家庭で作る青汁も果物を入れればとてもおいしいです。
青汁とグリーンスムージーは似たような物なので明確に分ける必要は無いですが、現在の青汁に慣れた人は果物なしの青汁は厳しい味となりますので無理せず、続けやすい味を選んでください。

 

青汁は栄養価は高いですが、すべて手作りにするととてもお金がかかります。

 

粉末や錠剤青汁であればコストを抑えられて手間もかからず摂取できるので、手作りの合間にこういう便利な物を利用して青汁を摂取しましょう。